Career Opportunities in Japan

キャリア採用:社員の声

実際にシルバコ・ジャパンで働いている社員に会社のことや仕事のことについて聞いてみました。

Case1.

技術部 シニア・アプリケーションエンジニア
2003年入社

前職はどのような仕事をされていましたか?
某半導体メーカーで、社内ライブラリ設計をしていました。

転職のきっかけは何ですか?
自分には、もっと違うことができるのではないか、もっと違う形で社会に貢献できるのではないか、そう思った時から転職活動を始めていました。また、前職で、机に向かっているだけの仕事に飽きていました。お客様と直接お話をする機会がほとんどなかったので、情報を活字でしか得られない事に不満を持っていました。

シルバコを選んだ理由は?
自分が使用していたツールを通じて最先端にいるお客様と接することができると思ったからです。(たまたまですが)家から近かったのも選択理由のひとつです。

現在担当されている業務の内容を詳しく教えてください。
デジタル・プロダクトのアプリケーション・エンジニア。担当している6つの製品に関するプリ・セールス(プレゼンやデモ)、ポスト・セールス(バグ・フィックス、改善要求の対応など)、トレーニングの開催。

シルバコで働くことのやりがいについて
「良い点」 社長と直接話ができるので、自分の考えや意見を伝えやすい。 開発部門に優秀な人材がそろっているので、アプリケーション・エンジニアとしては仕事がやりやすい。 「悪い点」 人が少ない。やりがいのある仕事が沢山あって大変ですが、人が少ないので全部抱える事になる場合が多い。ぜひ、シルバコに入社してやりがいのある仕事をこなしてください。

転職活動中の方々へ一言お願いします。
転職も結婚も何事もタイミングと運です。 このページを見たあなたも、たまたまだったとしてもタイミングが合っていたのかもしれません。それもまた運だと思います。 私のこの文章を読んで何かを感じたかたは是非応募してみてください。

Case2.

技術部 エンジニアリングマネージャ
1997年入社

前職はどのような仕事をされていましたか?
現職と同様のEDAツールサポートを行っていました。

シルバコを選んだ理由は?
当時からTCADを含めた設計フロー提案を行っていたこと、また、EDAツールをWindowsで開発していたことが理由でした。

現在担当されている業務の内容を詳しく教えてください。
製品をご購入頂いているお客様に対するメールや電話での技術サポートがメインです。場合によっては、お客様先に 訪問して、技術サポートやトレーニング、製品紹介も行います。 また、お客様より頂いたご要望を改善提案という形で、開発部門に伝え、製品開発の一部を担っています。

シルバコで働くことのやりがいについて
幅広い技術領域に対して、豊富な業務経験を持つ技術者と一緒に仕事ができること
IC/LSI設計に必要な製品が幅広くラインナップされており、技術の習得の機会が多いこと
海外の開発部門や経営陣とも近く、より柔軟に、また積極的に仕事ができること
自発的に行動することが新しいスキル習得に繋がります。 自ら行動を起こす、問題意識を持って取り組む姿勢が大切です。

転職活動中の方々へ一言お願いします。
気力、体力、忍耐力をもって、自己研鑽できた成果は、新たな活動や提案として受け入れられる環境があります。 バイタリティあふれる皆さんのご応募をお待ちしています。

Case3.

Web Communications
2009年入社

前職はどのような仕事をされていましたか?
モバイルコンテンツディレクターを行っており、携帯サイトの企画、運営、制作を行っておりました。

転職のきっかけは何ですか?
これまでのウェブサイト制作、ウェブマーケティングの経験を活かし、より高いレベルでの自分の成長を感じられる場所を求めました。

シルバコを選んだ理由は?
外資系であり、自身の留学経験を活かせる部分で魅力を感じました。ウェブの知識と語学の知識を合わせ、大きな力を発揮できると思ったからです。

現在担当されている業務の内容を詳しく教えてください。
マーケティング力の最大化を念頭に、カタログ制作及びウェブの統括を行っております。製品の魅力がわかりやすくお客様に伝わるよう日々工夫しております。

シルバコで働くことのやりがいについて
半導体は私たちが日々使用しているあらゆるものに含まれており、それを製品化するに「なくてはならないもの」を提供しているところに大きなやりがいを感じることができます。

転職活動中の方々へ一言お願いします。
自分自身に合った仕事を見つけるのは本当に難しいと思います。日々着実に一歩一歩お客様の満足を追い求めることができれば、いずれマッチした仕事に巡り会えると思っております。もし今がまさに大きなステップの目の前にいると感じておられるのであれば、その一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?