PDKのインストール方法

すべてのSilvaco PDKは、「Update」版パッケージ(.ssuファイル)として開発、配布されています。これは完全なインストール・パッケージではないため、既存のツール・インストール領域にインストールする必要があります。「Update」版パッケージを使用することにより、PDKを既存のツール・セット内の適切な場所に自動的にインストールできます。

PDKの.ssuファイルをダウンロードしたら、次の手順に従ってPDKをインストールします。

インストール方法

既存のソフトウェア・インストール領域に書き込み権限を持つユーザとしてログインしていることを確認してから作業を行ってください。

  1. 既存のインストール領域をバックアップします。UnixまたはLinuxの場合、ソフトウェアを含むディレクトリ全体をtarコマンドでアーカイブします。Windowsの場合、インストール・フォルダをその中身ごとアーカイブ(zip、rarなど)します。
  2. インストール・フォルダから、sman (SILVACO Management Console)ツールを起動します。
  3. メニューバーから[ツール]→[更新の追加と管理]をクリックします。
  4. [参照]ボタンをクリックし、.ssuファイルを選択します。
  5. [インストール]ボタンをクリックします。

これで、新バージョンのPDKが既存のインストール領域に追加されました。既存のバージョンは削除されません。
PDK固有の手順については、<INSTALL_DIR>/pdk/<foundry>ディレクトリを参照してください。

注記:

  • 万が一、バックアップを復元する必要が生じた場合、既存のツール・フォルダを別名に変更し、アーカイブを展開し、マシンを再起動します。
  • 1つのインストール領域に、複数のプラットフォームおよび複数のバージョンのソフトウェアをインストールできます。複数のインストール領域を作成するより、この方法を推奨します。
  • sman (SILVACO Management Console)からは、どのプラットフォーム用の.ssuファイルでもインストールできます。たとえば、Linux、Solaris、Windowsマシンからアクセス可能な中央ネットワーク・ドライブがLinuxサーバ・マシン上にある場合、サーバ上でLinux版のsmanツールを実行するだけで、すべてのプラットフォーム用の.ssuファイルを読み込むことが可能です。ソフトウェアが実際に存在するマシン上でsmanを実行することを推奨します。