シルバコ、Paripathの買収合意によりキャラクタライゼーション事業を加速

マシン・ラーニング・テクノロジを活用した先進的なキャラクタライゼーション・エンジンの追加により、SPICEポートフォリオを強化
米国カリフォルニア州サンタクララ発-2017年6月14日
シルバコの共同創業者で取締役のKathy Pesic立会いのもと、シルバコのCEO David L. DuttonとParipathの創業者でCEOのRohit Sharma氏によるLOIへの署名

Silvaco, Inc. (以下シルバコ)は本日、セル、I/O、メモリ向けにサインオフ精度のモデルを生成するキャラクタライゼーション・ソフトウェアに特化した会社、Paripathとの合併に同意したと発表しました。Paripathのテクノロジは、SPICEシミュレーション、3次元RC抽出、アナログおよびメモリ設計におけるばらつき解析ソリューションを含むシルバコの先端プロセス・ポートフォリオを補完するものです。

基本的なIPにおいて、精度の高いノイズ、パワー、タイミング・モデルの生成は、プロセス・ジオメトリの縮小により極めて複雑化しています。ParipathのGUNAは、スタンダード・セル、I/Oパッド、複雑なセルおよびメモリに対して高速かつ柔軟なキャラクタライゼーションのプラットフォームを提供します。PASER (Paripath Accelerated Simulation Environment)は、クラス最高水準の解析エンジンを用いてシミュレーションのパフォーマンスを最大50倍まで加速します。シミュレータに依存しない超高速かつ大容量のエンジンは、設計手法やフローへの変更を加えずに高速化を実現します。

「この2年間で5度目となる買収として、拡大するシルバコEDAツールのポートフォリオにParipathのテクノロジが加わることを歓迎します。GUNAは当社の先進的な回路シミュレーション・エンジンを持つSmartSpiceと完璧な相乗効果を期待できます。」とシルバコのCEOであるDavid L. Duttonは述べています。「この買収により、キャラクタライゼーションとAMS分野における地盤をさらに拡大し、成長を続けることで、顧客により多くのソリューションを提供します。」

GUNAに加えて、ParipathのinChargeもまたシルバコ製品の方向性に合致しており、カスタム回路のチャージ・シェアリング違反を解析します。チャージ・シェアリング違反は、ドミノ/ダイナミック回路の速度を低下させ、機能不全の原因にもなります。

「Paripathのキャラクタライゼーションとシルバコのシミュレーション・テクノロジの組み合わせは大変強力です。」とParipathの創業者でCEOのRohit Sharma氏は述べています。「両社による共同の取り組みにより、これらの重要なテクノロジを世界中のお客様に広めることが可能になります。」

概要:Silvaco, Inc.

Silvaco, Inc.は、TCAD、EDAソフトウェアのリーディング・プロバイダです。プロセス/デバイス・シミュレータや、アナログ/ミックスド・シグナルIC、パワーIC、メモリなどの設計自動化ツールを提供しています。また、Silvacoは、TCADからサインオフまでの完全な開発設計フローをカバーする製品ラインナップを半導体企業に提供します。ディスプレイ、パワー・エレクトロニクス、光学デバイス向けシミュレーションや、放射線の影響やソフトエラーに対する信頼性検証、先端CMOSプロセスやIP開発向けシミュレーションなど、幅広い用途に対応できるさまざまな製品を取り扱っています。Silvacoはこれまで30年以上にわたり、お客様がコストを削減して市場投入までの時間を最短化し、競争力のある製品を開発することに貢献してきました。Silvacoは米カリフォルニア州サンタクララに本社を置き、北米、ヨーロッパ、日本を含むアジア各地に事業拠点を構えており、今後も世界中のお客様に優れた製品とサポートを提供してまいります。
www.silvaco.com

本件に関してのお問い合わせ:
press@silvaco.co.jp