Latest Baseline Release

2020 Baselineリリース

Baselineソフトウェアが以下よりダウンロード可能になりました。
https://dynamic.silvaco.com/dynamicweb/siljp/

2020Baselineの主な機能追加をご紹介します。
詳細については2020Baselineをダウンロードいただき、各製品のリリースノートをご参照ください。

TCAD

Victory Process
  • 物理エッチング・デポのための結晶面方位依存モデルの追加
  • シリコン中のPt拡散とIGZO中のH拡散をサポート
  • 円柱に沿った曲げ形状の生成機能を追加
Victory Mesh
  • デバイスシミュレーションで生成した構造ファイルに対するメッシュ細分化機能を追加
  • ソリッドモデリングにおいてストレッチ機能や2D→3D拡張機能などを追加
  • 後続のリメッシュ、データ保存、可視化等でのリソースを削減するための表面メッシュ最適化機能を追加
Victory Device
  • 有機モデルの追加
  • 結晶面方位を指定するパラメータと面方位依存モデルを追加
  • ReRAMデバイスの解析をサポート

Parasitic Extraction

Clever
  • FEMソルバーとBEMソルバーの両方で共通に使用できる統合された3次元構造ビルダー
  • ルールベースとフィールドソルバーベースのアプローチの両方に対応する統合されたネットリスト抽出機能

Analog/Mixed-Signal Simulation and SPICE Device Modeling

Gateway
  • インヘリテッド接続を改善し、OAベースのソリューションとの整合性を向上
  • ズーム/ナビゲーションを改善しユーザビリティを向上
  • コピー/ペーストでシンボル情報を保持するオプションをサポート
SmartSpice
  • パフォーマンス向上
  • DSPFフォーマットの寄生RCネットリストから、全ノードまたはアクティブなノードをバックアノテート
  • Dutyサイクルとパルス幅を含むジッター測定の拡張
  • Leti-NSP、Leti-HSP、Leti-UTSOI モデルの追加
SmartView
  • CSVとPSF波形データのサポートの向上
  • マーカ機能の更新: Yマーカの追加、複合測定 (Risetime, Delay)の機能拡張
  • データベースの復元や終了したセッションのセットアップを行うためのデータ・リカバリ・モード・オプション
Utmost IV
  • 測定プロジェクトGUIのスケーラビリティとスピードを大幅に向上
  • デバイスおよびデータセットオブジェクトに関するスクリプトモード機能を改善
  • MOSFET、TFT、BJT、ダイオードモデル等のプロジェクトテンプレート機能の追加

Custom IC CAD

Expert
  • 高精度ジオメトリエンジンにより、任意角の辺や多数の頂点を持つ図形に対する分割機能の精度を向上
  • 回転、フリップ(水平/垂直)、ストレッチなどの操作中に、パラメトリックワイヤを含むオブジェクト選択に関する品質向上
  • グラビティ(オブジェクト吸着)、Expert-Cleverインターフェース、JavaScript APIといった主要機能に対してオプションを追加
Guardian DRC
  • GDSをベースとしたGuardian DRCのバッチモードを、ExpertのGUIから実行可能とする機能追加
  • DRC実行時の許容誤差オプションの改善とバッチDRCの安定性向上
Hipex
  • Cleverとの互換性強化