Webinar Banner

ビデオアーカイブのオンデマンド配信

How To Remesh with Victory Mesh for an Optimized TCAD Device Simulation

配信開始日:

Victory Meshは、Victory TCADソリューションの重要な構成要素です。Victory Meshを使用したRemesh(再メッシュ)は、TCADプロセス・シミュレーション後にメッシュ構造を調整し、最適なTCADデバイス・シミュレーションを実現するために必要不可欠なステップです。

本ウェビナーでは、Victory Meshの基礎知識、Victory Processから生成された構造体をRemeshする方法、そしてVictory Deviceで使用するための準備を学ぶことができます。
以下の内容をチュートリアル形式でご説明します。

  • Victory Meshの概要、Victory TCADフローにおけるVictory Meshの位置づけ
  • 2つのタイプのRemesh
    • Conformal (半構造格子による直交座標ベースの分割)
    • Delaunay (非構造格子による分割)
  • 異なるタイプのDelaunay分割の実行方法
    • Interface(界面)
    • Junction(接合)
    • Impurity (不純物)
    • Shape/Region (形状/領域)
  • 構造作成のための構造編集やソリッドモデリングなどVictory Meshのその他機能

プレゼンタ:

Thomas Jokinenは、シルバコのTCAD部門に所属するField Applications Engineerです。Thomasは2017年からマサチューセッツ州ノース・チェルムスフォードにあるシルバコの米国東海岸オフィスに勤務しています。パワー、オプトエレクトロニクス、ディスプレイなど、幅広いアプリケーションにおいてTCADのサポートを行っています。
University of LouisvilleにてElectrical Engineeringの学士号と修士号を取得しています。


対象:

パワー、オプトエレクトロニクス、ディスプレイ、その他の半導体デバイスの最適なTCADシミュレーションに関心のあるエンジニア、マネージャ、大学・研究機関