ビデオアーカイブのオンデマンド配信

EDA特有の分野におけるマシン・ラーニング- 20 年におよぶ開発

配信開始日:

マシン・ラーニング(ML) はEDA では新しいわけではありません。過去20年間、EDA特有の機能や制約下で使用できるよう新しいデータ解析手法が適用されてきました。限られたコンピュータ資源、短期間のプロジェクト、ノイズがある限られたデータ、先端プロセス・ノードでの統計的ばらつきを含む課題があり、これらの難しい制約を解決するために、ML 手法やその他の先進的技術は改良されてきました。本ウェビナーでは、これらの新しい手法がさまざまな用途にどのように適用できるかを考察します。シルバコが提供するML ベースのEDA ツールの例を示し、実現した事例を説明します。

プレゼンタ:

Dr Firas Mohamedは、Machine Learning & Flow Optimization DivisionのVP & GMであり、EDA業界で25年以上の経験があります。博士課程の年に、アナログおよびミックスド・シグナル回路のテストおよび診断を行うエキスパート・システムを開発することから始まりました。彼の経歴は、革新的な技術を評価するFrench National Competition を受賞した2005年に大きく前進し、その技術を利用しInfiniscale 社を創業、2015年末にシルバコに買収されるまでPresident兼CEOを務めました。Firasは、Mentor GraphicsでSPICEシミュレーション・チームでキャリアをスタートし、モデリングおよび最適化も担当しました。2000年に、FirasはMEMSCAP社のCAD core technology development departmentの職務を引き継いでいます。

Firasは、ダマスカスの高等応用科学技術研究所 (HIAST) でコンピュータ・サイエンス・エンジニアの学位を取得しており、フランスのグルノーブル理工科大学 (INPG) でマイクロエレクトロニクスの博士号を取得しています。


対象:

設計フローの生産性の改善を検討しているIC設計者、CADエンジニア、およびマネージャ